成果報酬SEO > 私達が行うSEO対策 > ページスピード改善・高速化

ページスピード改善・高速化


近年SEOに最も影響を与える要因として、検索エンジンのモバイル基準・アルゴリズム変更「モバイルファーストインデックス」に伴うページスピード改善・高速化は重要な作業です。

 

極端な例になりますが、検索結果からウェブサイトを開き、内容が表示されるまでに5秒を要するサイトと1秒で表示されるサイトがある場合、検索ユーザーは表示スピードが速いサイトを評価します。Googleも同じようにページ表示スピードを検索ランキング付けの要因としています。

PageSpeed Insightsの活用


PageSpeed Insightsは、元々Google社内で活用されていた画期的なツールですが、現在は無料で誰でも使えるツールとして公開されています。

 

PageSpeed Insightsを開くとURLを入力する欄があり、URLを入れると分析ができる内容になっています。この分析結果から改善点が明確になり、それに沿った改修作業を行っていきます。

 

具体的な分析項目は下記10項目になります。

 

  1. gzip や deflate を使用してリソースを圧縮
  2. スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしているJavaScript/CSS を排除
  3. サーバーの応答時間を短縮する
  4. ブラウザのキャッシュを活用する
  5. 画像を最適化する
  6. JavaScript を縮小する
  7. CSS を縮小する
  8. HTML を縮小する
  9. 表示可能コンテンツの優先順位を決定する
  10. リンク先ページのリダイレクトを使用しない

これらの分析結果から改善方法まで表示されるので非常にありがたいツールです。